モダンな住宅

金額や価格の傾向について

モダン住宅とは大正・昭和期においてそれまでにない現代的な感じのする作りのものを取り入れて作られた住宅を指していました。吹き抜け空間を作ったり、アーチ型の明かり採りの窓を設けたり、和室の障子の組子も間隔を広げてみたり、和室においても床の間のない部屋で、畳も縁のないタイプのものが使われたり、その部屋の畳の下を収納スペースにするなどアイデアを凝らしたものが作られるようになって行きました。 常識にとらわれずに自由な発想のもとで計画することが流行しました。 現代においてモダン住宅というとシンプルモダンとか洋モダン、和モダンとかいう言葉が聞かれるようになりました。建築材料もプラスチック製品やガラス面を使ったり、伝統的な構えの和風住宅を現代的な材料を使ってやさしく見えるとかの手法が使われて来ています。価格傾向としては輸入材を多く使うと高額になり、シンプルな作りにすると価格自体はある程度落とすことが出来ます。

これまでの歴史や変遷について

モダン住宅のこれまでの歴史としては、明治時代以降は西洋文明に追いつけ追い越せの勢いでもって近代文明の道を歩み始め、西洋の影響を受け始めたものですが、企業や公共の建物は別として、一般の住宅についてはまだ田の字型の住宅が見られる段階にあったようです。 第二次大戦後は住宅不足で仮住まいのような2階建ての長屋式バラック造りのものが多く見られました。 その内に住環境も悪く、住宅不足でそれを解消することを目的に国も支援を行って共同住宅が建ち始めました。 住宅金融公庫で一戸建て住宅も融資を受けて建てられるようになると、工期短縮型のプレハブハウス式のものや木造在来工法のものも乾式と呼ばれる土壁を用いない方法でもって普及して行きました。 そのうち住宅展示場などが設けられ、モダン住宅のようにデザイン的にも凝ったものが見られるようになり、デザインも進化して行きました。