世界に一つの住宅

デザイン住宅の特徴とは

デザイン住宅が注目されていますが、デザイン住宅の特徴はなんでしょうか。まずは、なんといっても斬新なデザインです。建売住宅には決して真似できないデザインとして、トイレにドアがない家とか、なぜか家の中にらせん階段がある、あるいは、キッチンがリビングのど真ん中にある、そして、洗面所と浴室が透明なガラスだけで仕切られており、洗面所から中身が丸見えのデザインなどです。ほかには上げればきりがありませんが、決して一般受けをする住宅ではないため、建売住宅では決して造ることがないデザインが多いのです。 個性的なデザインゆえに高いお金を出してでもデザイン住宅を建設したいという人もいます。 このようにデザイン住宅とは人の気持ちをうまくつかみ、魅了する力があるのです。

そのデメリットも知っておこう

デザイン住宅には当然デメリットもあります。 デメリットの一つとして、そのコストです。デザイン住宅はデザインにこだわる関係でどうしてもコストが高くなってしまうのです。例えば先程の例に出した浴室と洗面所がガラス張りの壁で仕切られている場合は、通常の壁のほうがはるかに安く設計できるのです。ただ、中にはコストが安いデザイン住宅もあることはあります。 また、外壁塗装をせずにむき出しのままや、断熱材が入っていないなどの住宅もありますので、通常の住宅に住むことを前提にデザイン住宅をデザイナーにお願いすると完成後、思っていたのと違うということがあるので注意が必要です。 そして、デザイナーと意見が分かれてしまうこともあるので、デザイナー選びも重要になります。